某Y駅~U駅間交差工事レポート

2016-07-28

今回の物件は建物自体が現しの為、特殊塗料を塗るための下地処理でショットブラスト加工を全面に施しております。

P1000899P1000927(1)P1230087P1230098

 

 

七二会中学校屋内運動場改築建築主体工事レポート

2016-07-02

平成28年7月1日

先週から一週間経った現場です。

ボルトの本締め・タッチアップ塗装を終えました。工場では摩擦面の塗装をしないためボルト周辺も塗装されている状況は何気なく珍しい光景だったりします。

P1000459

デッキも貼り終えました。今回は2種類のデッキが混在しており、どこにどのデッキを敷くか、現場で難儀していたようですが、無事出来ました。また、フラットデッキを貼った柱・梁の上にはスタッドジベルというコンクリートとの定着性を良くする部材を取り付けるのですが、この日は30℃を超える暑い中ジベル屋さんが頑張っていました。

P1000448P1000446

現場では急ピッチで次の工程であるコンクリート打設用に鉄筋の設置等の作業に入っていました。

忙しい現場ですが、ここまでの作業を無事終えられてホッとしています。

P1000445 P1000465

なお、残りの渡り廊下の建方については9月に更新する予定です。

 

平成28年6月24日

先週から一週間経った現場です。

 

P1000216P1000185P1000183

鉄骨の大半が建ち、今後はデッキプレート貼り等になっていきます。

実際に建っている鉄骨を見ることが少ないため、実物を見ると感慨深いのとともに、非常に勉強になります。

 

P1000223

現場入口からみた写真です。このように高低差もある非常に狭い現場のため、鉄骨建方だけでなく、他の各工程も非常に難儀しているようです。

また、現在右側のトラックがいる辺りに既存棟との渡り廊下を通しますが、その鉄骨建方が9月頃になるため、建方時期に本体建物がどのようになっているか、非常に楽しみです。

 

平成28年6月18日

現場建方です。

現場が非常に狭く鉄骨の置き場が殆どないため、運搬に非常に難儀しています。

ですが、収まり等については特に問題もなく進行しています。

このまま無事建方を終えて欲しいです。

P1010021 P1010023P1010027

平成28年5月19日

GW明けから工場本格稼動しているこの物件は合掌造りの建物です。

合掌梁組立合掌梁組立 棟部詳細

合掌梁溶接状況

 

 

 

N某計画レポート

2016-05-27

平成28年5月27日(金)

現場建方の様子です。

RIMG0054RIMG0056RIMG0016RIMG0023

 

平成28年4月23日(土)

前回の更新から更に2週間経ち、当工事の加工も柱と一部梁を残すのみになってきており、来週からまた別の工事が進んでいきます。

今回もまた前回同様同じ場所から撮影した2枚の写真比較になります。

P1210942 P1210971

左:4月8日撮影写真、右:本日(4月23日)撮影写真。

工場の入口近くを占拠していたコラム材が軒並み片付き、久しぶりに風通しの良い状態になりました。

また次の工事に向けて材料が入ってきます。次の工事もしっかり作業を進めていきたいものです。

 

平成28年4月8日(金)

前回の更新から2週間経って加工が進み、工場内もすっきりしてきました。

その状況を同じ場所から撮影した2枚の写真で比較します。なお、左が3月25日記事作成時、右が今日(4月8日)現在の写真です。

大梁用H形鋼の状況です。

3月25日時点大梁用H形鋼状況 4月8日時点大梁用H形鋼状況

ブラケットの状況です。

3月25日時点ブラケット状況 4月8日時点ブラケット状況

仕口組立て定盤から見た工場の状況です。

3月25日時点工場内状況 4月8日時点工場内状況

柱の溶接作業、頑張っています。

柱溶接状況

平成28年3月25日(金)

新しく加工が始まった当工事は600tクラスの建物ですが、工期が短めなため、材料が一気に入ってきています。

そのため、材料置き場と加工スペースの取合いで工場内が非常に手狭になっています。

P1210903 P1210904 P1210905 P1210915

 

 

大町岳陽高等学校建築工事レポート

2016-03-19

平成28年3月19日(土)

年明けから加工していた当工事ですが、学校行事に伴う工期の関係で建方が今週になりました。

鉄骨建方状況です。この現場のある長野県大町市(ウインタースポーツの聖地、白馬村と隣接している市です!)ではこの時期に雪も珍しくありません。なお、この日は会社のある長野市でも雪が舞っていました。

大町岳陽高校建方状況

建方完了です。ご覧のとおりブレース・母屋が多数ありますが、収まり良く建て終わったのを見ると非常に心地よいです。

建方完了、屋根面 建方完了、内部

現場から見た北アルプスです。写真でもそれなりに迫力ありますが、実際の風景を見ると圧倒されます。

大町岳陽高校屋上鉄骨と北アルプス

北アルプスだけを撮影してみました。真ん中で冠雪しているのは日本百名山の一つに数えられる常念岳です。僭越ながら、今後この校舎で学ばれる生徒の皆様が学校名にある通り「常念をはじめとする『岳』のように雄大で、『陽』の光のように温かく」あってほしいと願っています。

北アルプス、常念岳

 

平成28年1月8日(金)

今年に入り工場本格稼働となりました大町岳陽高等学校の加工状況です。

柱組立状況梁溶接状況

梁溶接完了

 

K某ごみ処理施設工事レポート

2016-03-12

平成28年3月12日(土)

当工事で使用している塗料(グレー・ダークグレーの2色)です。今回のように製品に吹きつけた後では色の判別がしにくいものに関しては、このように使用中の缶の中身を撮影し、写真を提出することもあります。

グレー塗料 ダークグレー塗料

塗膜厚検査です。この検査を終えた後は積込みと現場での建方になっていきます。先の棟でもそうでしたが、この工事は非常に手の込んだ物件でした。その分こうやって製品として納入できる形になると非常に感慨深いです。皆さん、お疲れ様でした。

塗膜厚検査 塗膜厚検査

 

平成28年3月4日(金)

開先角度の確認です。機械で開先を取っていますが、精度が確保されているかを工事ごとに確認しています。

開先角度確認

溶接前(組立後)の開先角度・隙間の確認です。この開先・隙間をすべて溶接ワイヤーで鋼材を溶かして一体化していくため、ここでの精度の確保が非常に重要になってきます。

組立後開先角度確認 組立後ルート間隔確認

また、溶接方法・板厚によっては板の両面に開先を設けて溶接していくものもあります。

両開先確認

組立て終えたものを溶接していきます。

溶接状況

溶接後の社内寸法検査です。超音波検査同様寸法についても基準があるため、基準内に収まった加工ができているか、毎回緊張します。

寸法検査状況

 

平成28年2月26日(金)

今週より別棟の加工に入りました。

この棟も作りが複雑です。部署間だけでなく、各部署内でもいつも以上に打合せを重ね、限られた時間の中で可能な限り精度・効率共に良くなるよう作業をしています。

1:柱組立加工、部品を取り付けたところで確認しています。

柱組立後確認

2:柱組立加工、今後の作業段取りを詰めています。

柱組立、作業段取り打合せ

3:こちらの梁組立部隊でも密に打合せをしています。

梁組立、作業段取り打合せ

4:左:社員、右:溶接業者。指導もします。

溶接業者指導

5:こちらの溶接業者さん、女性です(お面でわかりませんが・・・)。

女性溶接業者作業中

6:ときには社員も塗装作業に従事します。

社員塗装作業従事

7:アクロバティックな姿勢で塗装中です!(こういった姿勢でないと効率的に塗装出来ないくらいに複雑な形状です!)

塗装作業

 

平成28年2月19日(金)

パス間温度管理です。材質や厚さ等の諸条件で溶接時の上限温度も決まってきます。それが守られているかを温度計・温度チョーク等を用いて管理しています。

パス間温度管理(温度計使用) パス間温度管理(温度チョーク使用)

超音波検査です。先週のレポートにありますが各方向に仕口が分かれており、込み入ったところを検査しないといけないため非常に難儀しています。ですが、良い物を仕上げるためにも欠かせない工程です。

社内UT検査状況(柱)社内UT検査状況(梁)

また、社内だけではなく、第三者の検査会社さんもお疲れ様です&ありがとうございます!

第三者UT受入検査状況(柱)第三者UT受入検査状況(梁)

来週からは別棟の加工に入っていきます。そちらのレポートもよろしくお願いします。

 

平成28年2月12日(金)

先のレポートで組み立てたBHが本柱のコアとしてそれぞれの方向に分かれて一つになります。

仕口方向数、実に七方向!

大梁も三方向に分かれたBHが組み立てられました。

平成28年2月4日(木)

この工事は非常に大きい物件の一つとなっており当社もその一角を担っております。

写真は先工程であるBHの組立状況です。

現在工場での加工進行中の工事のため、順次各工程の写真を掲載していきたいと思います。

 

 

東京都町田市、某プロジェクト

2016-01-15

この工事は既存の建物に増設する形で柱・梁を取り付けるようになります。
精度の確保等の面で新築工事とはまた違った難しさを感じます。梁溶接状況 柱溶接状況 柱溶接状況 社内UT検査状況 社内UT検査状況

 

鎌倉市材木座、某テナントビル新築工事レポート

2015-12-25

平成27年12月25日(金)

先週の段階で社内検査、鉄骨製品検査、第三者UT受入検査も終わり、今週からいよいよ建方が始まりました。

社内寸法検査鉄骨製品検査及び第三者UT受入検査製品積込み積込み状況建方

 

 

平成27年12月11日(金)
先の横浜市中央卸売市場に引き続き当工事もタイトな日程です。そんな中ですが先日キクシマさんとの共同イベントがあり、その際に現場見学をさせていただきました。
どういう建物になるのか、というイメージが共有できたのもあってタイトな日程の中でも進捗の面でも良い流れが出来ていると思います。
また、組立作業も本格的に進んできました。建方が迫ってきていますが、この山場を超えれば余裕ができるので、社員一丸となって作業にあたっています。
仕口組立柱大組立 柱溶接 梁組立  軸ブレース組立

 

横浜中央卸売市場工事レポート

2015-12-04

平成27年12月4日(金)
引き続き非常にタイトな日程のため、各工程ともに残業・休日出勤でなんとか乗り越えています。
製品検査も無事に乗り越え、現場建方につながっていきます。柱溶接 社内寸法自主検査 製品検査 製品検査 製品状況

平成27年11月27日(金)
この工事は横浜市の中央卸売市場が年末の繁忙期に入るまでに完了させないといけないため、非常にタイトな日程になっており、作図・工場ともに非常に忙しい工事になっています。
今回の写真は材料入荷、孔明・切断、仕口と梁の組立状況です。

H形鋼入荷コラム材入荷H形鋼孔明状況仕口組立状況梁組立

 

R某市耐震補強工事レポート

2015-11-11

平成27年11月7日(土)

建物の強度を出すための耐震補強工事の製作が始まりました。

まずは鉄板を形に組んでいく為の準備を行います。

「鉄板に型紙を合わせ目印を打つ」

単純な作業ですが目印が1mmでもずれると図面通りの形にならなくなる重要な作業になります。

 

型紙合わせグラインダー掛け

平成27年11月11日(水)
何枚かの鉄板を組んで形になりました。

2枚目の写真は 鉄板を組んだ物にH鋼材を両側に取り付けた物です。

組立状況組立状況

組み終わったら溶接です。

溶接状況

こちらは「スタッドジベル」という鉄骨とコンクリートの付着をよくする物を取り付けている所です。

スタッドジベル打ち

完成!!検査を済ませ出荷を待つのみです。

製品完成

 

F某工場棟新築工事レポート

2015-11-09

平成27年11月9日(月)
現場での建方状況です。
工場でも大きく感じましたが、現場で遠目に見ても非常に大きい建物で驚きました。
現場に足を運ぶことはそこまで多くはないですが、上手く建っているのを見ると非常に感慨深く、また、報われたと思います。

現場建方状況現場建方状況  現場建方状況

平成27年10月31日(土)
建方もようやく始まり製品置き場から続々と製品を搬出しております。
工場での加工も終わり、後は現場での完成を待つのみです。
製品置き場製品積み込み製品積み込み

 

平成27年10月23日(金)
社内寸法検査・社内UT検査・塗装・塗膜厚検査の各工程状況です。
各検査・塗装も加工そのものと並んで非常に大事な作業です。
製品が大きいですが加工時以上に気を使い、傷のつかないよう台木や治具を用いるようにして良い完成品になるよう考慮しています。
社内寸法検査状況社内UT検査状況塗装状況塗膜厚検査状況

平成27年10月15日(木)
柱と梁それぞれの溶接状況です。
鉄工所の花形でもある溶接工程ですが、物が大きいだけに溶接量も非常に多くなるため集中を保つのにも一苦労です。
その分溶接がきれいにできるとホッとします。
大梁溶接状況 大梁溶接状況本柱溶接状況

平成27年10月6日(火)
梁と柱、それぞれの組立状況です。
材料入荷時にも思いましたが実際に加工していると、とても大きくて取り回しに苦労しています。
ですが、その分次の工程にうまく流れていくと非常に嬉しいです。梁組立状況 コア組立状況 本柱大組立状況

平成27年9月28日(土)
この工事は非常に大きい物件の一つとなっており、材料一つとっても工場の入荷・加工それぞれで難儀しています。
また、現在工場での加工進行中の工事のため、今後週1回くらいのペースで各工程の写真を掲載していきたいと思います。F某工場棟材料
F某工場棟材料F某工場棟材料

 

« Older Entries Newer Entries »